民泊代行のBCM、コロナ対策の無料応援プランを開始
民泊物件

別荘でAirbnbを始めるには、「法律」と「清掃」2つのハードルをクリアせよ

別荘でAirbnbを始めるには、「法律」と「清掃」2つのハードルをクリアせよ

近年、日本では誰も利用していないまま物件が放置されている「空き家」問題が深刻化しています。

この空き家問題の有効的な解決手段として注目されているのがAirbnbに代表される「民泊」です。

特に、別荘などの日常的に利用しない物件は旅行者に貸し出すことで収入を得ることが出来るので「民泊」は物件の所有者にとって嬉しい仕組みです。

しかし、別荘をAirbnbで貸し出すにはいくつか乗り越えなくてはいけないハードルが存在しています。

今回の記事では、Airbnbで別荘を貸し出すために乗り越えるべきハードルである「法律面」「運営面」の課題とこれらの課題を乗り越えたあとに別荘民泊で稼ぐための方法についてわかりやすく解説します。

別荘をAirbnbで貸し出すには届出が必要

まず、2018年に施行された「民泊新法(住宅宿泊事業法)」により、民泊を営むホストは必ず物件を所管する自治体へ届出を提出することが義務付けられました。

これを受けAirbnbでは、届出を完了したことを示す「届出番号」の登録なくして物件を掲載することが出来ない仕様に変更されました。

つまり、別荘を民泊物件として貸し出すには届出が必要なのです。

ただし、民泊新法で民泊の運営を許可されるのは

(1)「現に人の生活の本拠として使用されている家屋」
(2)「入居者の募集が行われている家屋」
(3)「随時その所有者、賃借人又は転借人の居住の用に供されている家屋」
(出典:民泊ポータルhttp://www.mlit.go.jp/kankocho/minpaku/business/host/target.html)

上記3点のいずれかにあてはまる物件のみです。

別荘の場合、(1)(2)には当てはまりませんが(3)の「随時その所有者、賃借人又は転借人の居住の用に供されている家屋」がこれに当てはまります。

(3)で定義されている「随時」とは、正式には「年間1回以上」の居住を表すので、1年に一度あなたが宿泊していればこの条件を満たすことになり、民泊新法での届出が可能です。

民泊新法の届出の仕方や流れ、必要なものについては下記の記事でわかりやすくかつ詳細に解説しています。

住宅宿泊事業法(民泊新法)、最低限知らないと運営できませんよ?

別荘をAirbnbで貸し出すと「清掃」が困難

民泊新法のもと届出を行えば、別荘をAirbnbで貸し出せることがわかりました。

しかし、民泊は物件を掲載して終わりじゃありませんよね。

ゲストが宿泊したあとには、また次のゲストのために部屋の準備が必要です。
ベッドシーツや使用したお皿、ごみ箱のごみなどをそのままにして次のゲストに貸し出すことは出来ません。

では、部屋の清掃は誰が行うのでしょうか。

平日には会社員として忙しく働いている中で、次のゲストが宿泊するまでに都度清掃をしに別荘まで往復するのは賢い選択じゃありませんし、交通費や時間の浪費などデメリットが多いですよね。

かと言って、別荘エリアでは代行業者への委託も容易ではありません。

事実、東京や大阪、福岡、博多などの主要都市部では清掃代行業者が多数存在しています。

しかし、一方で別荘が多く存在している郊外地域では清掃代行業者を見つけることは非常に困難です。

つまり、あなた本人が清掃を行うか、あなたの伝手で清掃を行ってくれる人を探す必要があるため別荘での民泊運営には清掃面で一定のハードルが存在しています。

清掃代行の伝手さえ見つかれば、収益最大化は代行に委託が吉

さて、法律面での課題と清掃についての課題さえ解決出来れば別荘を貸し出して民泊収益を稼ぐことが出来ます。

ただし、会社員のあなたが副業で民泊ビジネスを行い、その上で民泊収益を最大化するのは本業との時間の兼ね合いから非常に困難です。

民泊収益を最大化するには

 物件写真の充実
 ゲストとの密なコミュニケーション
 問い合わせへの迅速な回答
 ゲストからのメッセージに24時間対応
 物件紹介文の高頻度更新
 宿泊料金の最適化

など細かな対応が必要となるので片手間で大きく稼ぐということは出来ません。

そこで、民泊収益を最大化するために多くの副業ホストが活用しているのが「民泊代行」サービスです。

前章では、別荘エリアの清掃代行は期待できませんという風に書きましたが、反対に言うと現地対応が必須となる清掃以外の部分はすべて代行サービスの利用が可能です。

 物件写真の充実
 ゲストとの密なコミュニケーション
 問い合わせへの迅速な回答
 ゲストからのメッセージに24時間対応
 物件紹介文の高頻度更新
 宿泊料金の最適化
など

民泊収益の最大化に必要な対応を代行業者に一任し、民泊を自動化することが出来るのです。

こうして代行業者を活用すれば自動的に副収入が入ってくる仕組みが簡単に作れるので、本業で会社員をしていても民泊ビジネスに参入する人がどんどん増えているわけです。

ただし、国土交通省に登録されている代行業者は関東地方に本拠を置く会社だけで897社存在しています。

この中からあなたの別荘民泊に適した理想の1社を見つけ出すことが出来るんだろうかと不安に思いませんか?

そんなあなたのために私たちはLINEにて無料で民泊に関する相談を受け付けています。

これまで実際にご相談いただいた方々からはチャットで質問や相談が出来るため気軽に悩みが解決出来て良いとのお声をいただいています。

あなたに最適な民泊代行サービスの選定を始め、民泊にかかわることならなんでもご回答致します。

どうぞお気軽にご相談ください。

ABOUT ME
Yu
通信キャリアの法人営業マンから民泊専門のWebマーケターへ転向。 「ユーザーファースト」をモットーに、未来の民泊ホストや現役の民泊ホストに寄り添う記事を配信します。
新型コロナ対策のご相談は
▼BCMへ▼
新型コロナ対策のご相談は BCM株式会社へ
私たちBCMでは、外国人旅行客の急減によって大きな打撃を受けた民泊ホストの方々から

「撤退するんじゃなくて今をなんとか持ちこたえたい」

こんな声を多数いただきました。

これを受けて、海外ではなく国内民泊利用者の集客に目を向けた「無料のホスト応援プラン」の提供を開始します。

無料応援プランについて
詳細記事を読む

コロナを乗り越える
民泊代行のご相談は
LINEから

※PCで閲覧中の方へ
上記友達登録ボタンをクリック後に表示されるQRコードをお手持ちのスマートフォンでスキャンしてアクセスしてください。

LINEアプリを開く
⇒画面左下「ホーム」タブを開く。
⇒画面右上「友だち追加ボタン」をタップ。
「QRコード」をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。