民泊代行のBCM、コロナ対策の無料応援プランを開始
民泊の始め方

民泊を許可なしで始めるたった1つの方法

民泊を許可なしで始めるたった1つの方法

空き家を所有しているので民泊を始めたい。オリンピックバブルもあるし、民泊が儲かりそうだ。

でも許可を取る必要があるらしくめんどくさいな。

そんなあなたに朗報です。

民泊は許可を取らなくても合法的に運営することが出来ます。

この記事では、その方法について解説していきます。

民泊の手続きにかかる手間と時間をなるべく短くしてスムーズに民泊ビジネスを始められるように、この記事の内容をお役立ていただければ幸いです。

民泊を許可なしでスタートする方法

個人が空き家を活用して宿泊施設を営むには3つのパターンがあります。

1.民泊新法
2.特区民泊
3.旅館業

それぞれのパターンによって適用される法律が異なり、必要な手続きも変わってきます。

民泊新法を除く「特区民泊」「旅館業」では許可申請が必須ですが、「民泊新法」では許可申請の必要がなく届出のみで民泊を始めることが出来ます。

つまり民泊新法での民泊なら手続きの負担が少なく、スムーズに民泊の運営まで進むことが可能です。

以下では民泊新法下で民泊を始めるまでの手順について解説していきます。

許可不要の民泊新法で民泊を始める手順

民泊新法で民泊を始めるには以下の手順を踏みます。

1.保健所に事前相談
2.消防署へ事前相談
3.行政に届出
4.民泊サイトに登録・掲載

こちらの記事で民泊運営を始めるまでに必要な手続きの詳細手順や注意事項を解説していますので参考にしてください。

保健所への事前相談

実際に自治体への届出を行う前にまずは保健所への相談が必要です。

保健所では民泊を行う上での方針などを聞かれます。
・どのくらいの頻度で宿泊させるのか
・近隣住民への周知方法
・突発的なトラブルがあった場合は誰がどのように対応するのか

など、健全な民泊運営のために定めておくべき内容をヒアリングされます。

もしも、この時点で定まっていなくても保健所の方と相談しながら設定していけば問題ありません。

保健所への事前相談の際に必要なものは

・事前相談票
・物件の間取り図

上記2点です。

旅館業法?新法?特区民泊? 民泊に必要な手続き、お教えします!!
読めば申請に困らない!民泊の手続きに必要なもの、お教えします民泊の運営に必要な3つの法律について、それぞれの手順や用意する書類等を民泊事業者の方が困らないように説明しています。消防や保健所の検査についても細かくお話していますので、この記事を読むことで、民泊運営までの手順で詰まることはなくなります。...

消防署へ事前相談

保健所への相談が終われば、次は消防署への相談に移ります。

消防署では物件の消防設備に関しての相談を行い、いま物件に設定されている設備で問題なく民泊が行えるのかを確認されます。

必要なものとしては保健所と同様下記2点です。

・事前相談票
・物件の間取り図

どこにどんな消防設備が設置されているかがわかる図である必要があります。

追加で必要な消防設備を指摘された場合にはそれを設置し、設置した旨を消防署に報告します。

行政に届出

追加消防設備の報告が完了すると消防書から「消防適合通知書」が発行されます。

これをもとに物件の所在する自治体へ民泊の届出をします。

民泊で必要となる手続きの全容はこちらの記事を参考にしてください。

民泊サイトに登録・掲載

無事行政への届出が完了すれば、あとは民泊サイトに物件を掲載するだけです。

民泊サイトへの掲載には届出が完了すると払い出される住宅宿泊事業者届出番号の登録が必須です。

この届出番号がないと民泊サイトに物件を掲載することが出来ないので注意しましょう。

民泊サイトは世界最大手のAirbnbへの登録は最低限しておきましょう。

また、掲載するサイトを増やして集客経路を複数持つことで民泊の稼働率をあげるというテクニックも有効です。

面倒な民泊手続きは代行業者に委託が吉

ここまで読んで、「許可は不要でも民泊を始めるまでにこんなに面倒臭い手続きが必要なのか。」と感じた方には「代行業者」の活用をおすすめします。

代行業者には大きく分けて4種類あり、

申請代行
運営代行
清掃代行
完全代行

部分的に民泊業務を委託できる業者もいれば、民泊に関する業務を全て委託できる業者も存在しています。

民泊を始めるまでに必要な手続きを代行業者に任せたい場合は「民泊申請代行」を、民泊の運営自体を完全に委託して民泊収入を自動化したい場合は「完全運営代行」を検討してみてください。

代行業者に関する詳細は下記記事をご覧ください。

民泊代行業者全22社まとめと絶対に失敗しない選び方

ABOUT ME
Yu
通信キャリアの法人営業マンから民泊専門のWebマーケターへ転向。 「ユーザーファースト」をモットーに、未来の民泊ホストや現役の民泊ホストに寄り添う記事を配信します。
新型コロナ対策のご相談は
▼BCMへ▼
新型コロナ対策のご相談は BCM株式会社へ
私たちBCMでは、外国人旅行客の急減によって大きな打撃を受けた民泊ホストの方々から

「撤退するんじゃなくて今をなんとか持ちこたえたい」

こんな声を多数いただきました。

これを受けて、海外ではなく国内民泊利用者の集客に目を向けた「無料のホスト応援プラン」の提供を開始します。

無料応援プランについて
詳細記事を読む

コロナを乗り越える
民泊代行のご相談は
LINEから

※PCで閲覧中の方へ
上記友達登録ボタンをクリック後に表示されるQRコードをお手持ちのスマートフォンでスキャンしてアクセスしてください。

LINEアプリを開く
⇒画面左下「ホーム」タブを開く。
⇒画面右上「友だち追加ボタン」をタップ。
「QRコード」をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。