民泊代行のBCM、コロナ対策の無料応援プランを開始
民泊の運営方法

鍵トラブルにお困りの方に!民泊向きスマートロックについて解説

さよなら鍵トラブル!民泊向きスマートロックを比較して厳選しました

民泊を運営し、ゲストに物件を貸し出すときに困ることになるのが鍵の受け渡しです。

ゲストが来る時間はゲストによってまちまちで、新しいゲストが来るたびに直接鍵を渡すために予定を合わせるのは困難なはずです。

もうホストをされている方はご存知かもしれませんが、予定を合わせる困難さから、鍵の受け渡しを何かしらの仲介に委託する方がほとんどです。

もちろん、仲介をはさむと委託費用がかかります。

しかしそれだけではなく、仲介に委託したところで

・ゲストが紛失する
・悪意を持ち鍵を複製される

といったトラブルは防ぐことができません。

ハウスの滞在中にゲストが鍵を持って行動するわけですからこれらのリスクは当然です。

実際に、ゲストによる鍵の紛失は日常茶飯事で起こるため、その対応をしているだけでかなりの時間がかかってしまいます。

このようないつ起きるかわからないトラブルに逐一緊急対応するのはとても骨が折れる作業です。

そこでそんな余計な手間を削減し、トラブルのリスクを最小限に抑えることができるスマートロックを今回は皆さんにご紹介致します。

え、スマートロックってなんだ?

と感じる方もいらっしゃると思われますので、ここで簡単に説明します。

スマートロックはデジタル化された鍵(暗証番号や開錠のための専用URL)をWeb上でゲストに配布し、それを用いる鍵のことです。

スマートロックを利用すると受け渡しの必要がなく、紛失のリスクが一切ありません。

また、多くのスマートロックでは鍵に期限を付けられるため、複製や悪用の心配もなしです。

このようにスマートロックを導入するメリットとしては

スマートロック導入のメリット
  1. セキュリティが強化される
  2. ゲストとの鍵のトラブルが減る

などがあげられます。

そんなスマートロックについて、ここからはもう少し詳しくお話していきます。

鍵トラブルを今後なくしていきたい方はぜひご一読ください。

そもそもスマートロックとは?

さて、そもそもスマートロックとは一体どういったものなのか。ここではもう少し詳しくお話していきます。

スマートロックとは実物の鍵を使わずに、デジタル化された鍵(暗証番号や専用ULRなど)を用いて開錠、施錠を行う鍵システムのことです。

デジタル化された鍵、なんか難しそうだし料金がかかりそう

と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、まったくそんなことはありません。

扱いは非常に簡単で、料金も外部に委託するよりむしろ安くなる場合もあります。

扱いとしては予約が入ったゲストに対し、そのゲストに対し専用のURLや暗証番号を電子メールなどで伝えるだけ、ただそれだけです。

鍵の受け渡し方法や緊急時の対処方法を考えるよりよっぽど簡単ではないでしょうか?

さらに料金に関しては、外部に委託する年間費用の半分以下に抑えることも可能です。

さて、次の項目からは詳しいスマートロックのメリットや、どのようなスマートロックがおススメできるのか、具体的にお話していきましょう。

なぜスマートロックはおすすめなのか-スマートロックで解決する鍵の問題点ー

さて、まずはスマートロックを導入することによって得られるメリットについてです。

スマートロックを導入することによって得られるメリットは大きく分けて3つあります。

冒頭でも確認しましたが、もう一度、

  1. セキュリティが強化される
  2. ゲストとの鍵のトラブルが減る

この3つがスマートロック導入で得られる最大のメリットです。

それぞれについて少し詳しくお話していきましょう。

セキュリティが強化される

まず一つ目がこちら、セキュリティが実物の鍵と比べて強化されます。

というのもスマートロックは鍵を複製される心配がないからです。

スマートロックでは、現物の鍵の代わりに、ゲストへ暗証番号や鍵機能付きのURLが配布されます。

この暗証番号やURLには使用期限がついているので、宿泊期間外に物件に侵入される可能性は皆無といえるでしょう。

まさかとは思うかもしれませんが、実際に合鍵を無断でつくり、物件に忍び込んで刑事事件に発展したゲストも過去に存在します。

無断で侵入されていた、というこの事件は、ゲストから「清掃が入っておらず使いっぱなしになっている」という苦情で発覚しました。

不審に思い、清掃の業者に確認を取ったところ前日に清掃に入り、きちんと鍵もかけたとのこと。

ちょうど設置してあった監視カメラで確認してみると、鍵を使って堂々と侵入している不審者の姿がそこにはありました。

警察に届け、犯人の身元が明らかになると、その不審者は以前ハウスに宿泊していたゲストの一人でした。

どうやら無断で作った合鍵を使って、宿泊者のいない日にハウスに忍び込み、そこで無断宿泊したようです。

こんな事件、本当にあるのかとホストの方は驚いていました。

このような事件の危険性を0にできるのが、スマートロックの魅力の一つです。

ゲストとの鍵トラブルを最小限に抑えられる

続いてのメリットがこちら。

スマートロックを利用することにより、ゲストとの鍵トラブルを最小限に抑えることができます。

そのトラブルとは一体どのようなものがあるのでしょうか?

まず実物の鍵を扱っていると、

・ゲストが鍵を紛失する
・鍵の受け渡し場所がわからずゲストが迷う

といったようなトラブルが起こり得ます。

ゲストが鍵を紛失するたびに合鍵を渡しに行き、後に鍵を付け替えたり、受け渡し場所がわからないゲストに個別に対応するのはかなり手間のいる作業です。

いつ紛失するかわからない、いつ起きるかわからない鍵トラブルに備えるのはほぼ不可能であると思っていいでしょう。

そんなトラブルの原因は、実物の鍵の存在です。

そして、この存在をデジタル化し、これらのトラブルを一掃するのがスマートロックです。

スマートロックを選ぶときの最重要ポイント

次にスマートロックを選ぶときのポイントを説明致します。

スマートロックを選ぶときにはもちろん費用やデザインも大事ですが、それよりもより重要なポイントがあります。

それは

・専用のアプリを使わず暗証番号やURLで開錠できる。

というポイントになります。

こちらについて説明をつけ足していきます。

専用のアプリを使わず暗証番号やURLで開錠できる。

スマートロックの中には専用のアプリを使わないと鍵を開錠できないものがあります。

なら「アプリを使えばいいのではないか」と思う方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

確かに国内旅行者に民泊を提供する場合だとさっとアプリをダウンロードできるでしょう。

ですが、問題は民泊利用者の半数を占めている外国人観光客です。

外国人観光客でもさすがに今の時代、通信手段は持っているでしょうが、

持っているスマートフォンのストアから専用のアプリをダウンロードできるかどうかはわかりません

ご存知の方も多いかと思いますが、例えば海外のAppストアと日本のAppストアではダウンロードできるアプリが違います。

もしそのスマートロックのアプリがゲストのスマートフォンに対応していなかったら、ゲストは物件を利用できなくなってしまいます。

なので、アプリを使用せずにも開錠できるものにしましょう。

 

厳選!使えるスマートロック 2銘柄!

さて、それではいざスマートロックを検討する際に、どのスマートロックがおススメなのでしょうか?

スマートロック自体は存在するだけで

Akerun、Qrio、sesame、smart、decdeal、セサミ、August、RemoteLOCK、キーヴォ、デジタルドアロックV20、NInjalock、Dala lock、AkerunPro、Goji、Friday、etc..

のように20種類以上に上ります。

この中から民泊に最適なものを選ぶだけで一苦労です。。

例えば、SesamiやQrioは有名でよさそうだけど、アプリを使わないと開錠できずに民泊には向いていないし、Akerunは非常に使いやすいけど維持費が月額17,500円と高額だし、、、。

こんな感じで、民泊に利用できるか利用できないかの判断材料はたくさんあります。

そこで、ここでは数あるスマートロックの中から民泊利用にオススメできるものをひとつづつ検討し、厳選した2種類をご紹介致します。

まだ導入するかわからない、という方もスマートロックの導入を既に検討している方も是非目を通してみて下さい!

暗証番号が自動発行⁉手間がさらに少ないRemoteLOCK

まず、おすすめできるのこちらのスマートロック、「RemoteLOCK

こちらは暗証番号を入力して開錠するタイプのスマートロックとなっています。

このRemoteLOCKのポイントは暗証番号が自動で発行されて、かつ入退出管理システムが付属している点です。

RemoteLOCKの特徴
  1. Airbnbと連携している
  2. 入退出管理システムが付属している

この2点について、詳しく見ていきましょう。

Airbnbと連携している

RemoteLOCKの最大の特徴はこちら、Airbnbと連携している点でしょう。

連携しているとはどういうことなのか?

それは、Airbnbの予約と同時に、宿泊期間内にしか使えない暗証番号が発行され、自動的にゲストに暗所番号が通知される、ということです。

暗証番号の発行が自動で行われず、毎回手動で行わなくてはならないスマートロックもあるので、RemoteLOCKはより手間の省けるスマートロックといえます。

入退出管理システムが付属している

第2の特徴がこちら、入退出管理システムが付属している点です。

入退出管理システムとは、暗証番号により鍵が開錠されたタイミング、施錠されたタイミングを記録し、ホスト側に通知するシステムです。

これは、ゲストの入退出を確認するために使えます。

ゲストが予定通りハウスにたどりつけたか、またチェックアウトの時間までにきちんと退出したか、などゲストの安全や物件の管理に立ちます。

また、清掃などの代行業者がきちんと業務を行ったかを確認するためにも有効です。

民泊を運営する方で、清掃からサイト掲載まですべてをご自分でされる方はおそらく少なく、一部、もしくはその大部分を外部に委託している方は多いはずです。

その中でも、清掃を外部に委託している方は特に多いと思われます。

そんな方が、清掃業者の入退出時間を知ることでより物件の管理をしやすくなる、というのがこのシステムの特徴です。

この2点が分かったところで最後に気になる料金についてです。

RemoteLOCKと鍵の委託サービスとの料金比較

鍵の受け渡しをもし外部に委託しているとすると、一体どのくらい費用が掛かるのでしょうか?

もし無人の鍵の受け渡しシステムを利用すると、以下のような費用が掛かります。
ここでは大手鍵受け渡しサービスであるKEY STATIONを例として挙げています。

このように、鍵の管理に月額8000円ほど。

年間で8000×12=96000円の利用料金がかかってしまいます。

一方、RemoteLOCKを使った場合、初期費用として35000円、月額利用料金として月々2000円かかります。

よって1年で合計59000円になり、初期費用を含めてもスマートロックの方が費用が少なくて済みます。

2年目以降は年間で24000円で済むので、明らかにRemoteLOCKの方が費用が少なくて済むことが分かります。

詳しい料金は以下の通りになります。

RemoteLOCKは本体の料金が35000円、基本料金が月額1500円で1台利用するごとに月額500円の利用料金が追加されます。

本体の料金月額基本料金月額の1台ごとの管理費用
\35,000\1,500\500

つまり、1物件で利用すると

初期費用35000+月額2000円

の料金形態に、2物件で利用すると

初期費用35000×2+月額2500円

というような料金となります。

少し上の方でもお話しましたが、外部に鍵の代行を委託するよりはるかに安い金額で利用できることが分かります。

サイト連携はないが、非常に安いLinkey!

もう一つオススメできるのが、このLinkey!というスマートロックです。

こちらも同じく暗証番号で開錠、施錠を行うタイプのスマートロックになっています。

RemoteLOCKのようにサイトと連携して暗証番号が配布されることはないので、手動で暗証番号をゲストに配布しなくてはいけませんが、

特筆すべき点としては

Linkey!の特徴
  1. 費用が安い
  2. 入退出管理システムが存在する

という2点が特徴になります。

ただ、RemoteLOCKのように民泊サイトとの連携はないので、

ゲストの宿泊が決まるたびに暗証番号を手動で連絡しなくてはいけない

という点が懸念点ではありますが、RemoteLOCKと比べても非常に費用が安価で済むので、その分の金額と思えば妥当な機能と料金です。

ここではその非常に安価な費用についてお話致します。

費用が安い!

Linkeyの費用は以下のようになっています。

本体の料金月額の1台ごとの基本料金
\29,500\500


このように、外部への委託や先ほどのRemoteLOCK(初期費用35,000、年額24,000)よりもさらに安くなっているのが特徴です。

初期費用を含めると1年間

29500+12×500=35,500円

2年目からは年額6000円で利用できるのは破格の価格といえるでしょう。

入退出管理システムがついている

Linkey!にも入退出管理システムが付属しています。

詳しい説明はRemoteLOCKのところに記述したので割愛しますが、ゲストや清掃業者の入退出履歴を確認できるのはハウス管理や安全の確認上都合がいいですね!

スマートロックの総集編、最後に確認しましょう

スマートロックのまとめ

・スマートロックとは、実物の鍵の代わりに暗証番号や専用アプリなどを鍵の代わりに用いる施錠システムのこと

・スマートロックを使うとこうなってトラブルが減る!

  1. セキュリティが強化される
  2. 鍵の紛失という概念がなくなる

・スマートロック選びのポイントは

  • 専用のアプリを使わず暗証番号など通信手段なし開錠できる。

・民泊におすすめのスマートロックは

  1. Airbnbと連携しているRemoteLOCK
  2. 費用が安くドアに加工のいらないLinkey!

以上がスマートロックの特徴でした。

実物の鍵を利用していると起こりえる紛失やを防ぎ、セキュリティ面での安全性を高め、手間を減らすためにもぜひスマートロックをご活用ください!

新型コロナ対策のご相談は
▼BCMへ▼
新型コロナ対策のご相談は BCM株式会社へ
私たちBCMでは、外国人旅行客の急減によって大きな打撃を受けた民泊ホストの方々から

「撤退するんじゃなくて今をなんとか持ちこたえたい」

こんな声を多数いただきました。

これを受けて、海外ではなく国内民泊利用者の集客に目を向けた「無料のホスト応援プラン」の提供を開始します。

無料応援プランについて
詳細記事を読む

コロナを乗り越える
民泊代行のご相談は
LINEから

※PCで閲覧中の方へ
上記友達登録ボタンをクリック後に表示されるQRコードをお手持ちのスマートフォンでスキャンしてアクセスしてください。

LINEアプリを開く
⇒画面左下「ホーム」タブを開く。
⇒画面右上「友だち追加ボタン」をタップ。
「QRコード」をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。