民泊代行のBCM、コロナ対策の無料応援プランを開始
民泊代行

「民泊代行の費用形態を解説」1番稼げる業者を見つけるには

民泊代行の費用形態を解説|1番稼げる業者を見つけるには

これから民泊を始めてみようという方におすすめしているのが「民泊代行業者」の活用です。

完全代行サービスを使えば民泊に関する作業を全て代行業者に委託することが出来るため、本業の収入とは別の副収入として毎月の収入を数万円~数十万円増やすことが出来ます。

この記事では、あなたが負担ゼロの手放し民泊を運営するために活用すべき「民泊の完全代行業者」がいくらぐらいで利用できるのか、具体例を挙げて解説するとともに、一番稼げる代行業者の選び方を解説していきます。

民泊代行の費用形態

民泊代行の費用形態は、①成果報酬制と②月額固定制の2パターンに分かれます。

①成果報酬制

民泊代行では、成果報酬制が主な費用形態で一般的に1か月の民泊売上の「20%+清掃費用」という設定になっています。

このような成果報酬制の代行業者では、売上が少なければ代行費用も小さく抑えられますが、一方で売上が増えれば代行費用も大きくなる点がデメリットとなります。

  • メリット:売上が少なければ代行費用も抑えられる
  • デメリット:売上が多ければ代行費用もかさむ

②月額固定制

少数派ではありますが、一定の料金で完全代行を委託できる業者もいます。

例えば、東京の民泊代行業者であるBCM株式会社は月額4万円~の固定制で完全代行サービスを提供しています。

月額固定制では、売上が増えれば増えるほどあなたの手元に残る利益も増えていきますが、一方で売上が代行費用を下回った場合に赤字となる可能性があります。

  • メリット:売上が多いほど利益も増やせる
  • デメリット:売上が少ないと赤字のリスクあり

【収益例】民泊代行の費用形態別

【成果報酬制の場合】

売上1泊2万円×18日=36万円
民泊代行費用36万円×20%=7万2千円
利益28万8千円

※家賃やその他コスト除く
【月額固定制の場合】

売上1泊2万円×18日=36万円
民泊代行費用4万円
利益32万円

※家賃やその他コスト除く

あなたの物件で一番稼げる民泊代行の選び方

稼げる民泊代行を選ぶには、徹底した比較と実際のシミュレーション結果を収集することをおすすめします。

  1. 民泊代行の徹底比較
  2. シミュレーション収集

民泊代行の徹底比較

代行業者を選ぶなら、あなたの物件で一番収益を増やせるサービスが理想ですよね。

そのためには、まず様々な代行業者を比較して見ましょう。

それぞれの民泊代行業者によってサービスの強みや弱みが見えてきます。

ただ、民泊代行は関東に拠点を置く事業者だけでもその数約940社(2020年2月21日現在)。

ここから一番の業者を見つけるのは骨が折れる作業です。

そこでホテロボでは、民泊のプロの目線から代行業者をピックアップし、徹底的に比較しましたので下記記事を参考にしてください。

民泊の運営代行を選ぶ4つの重要点&実際に比較してみた!
【民泊代行比較】プロが選ぶ最新代行業者ランキング5選プロの目線から民泊代行5社を比較して、最新おすすめランキングを解説します。代行会社選びは民泊収益を決定する大事な局面です。...

民泊代行各社からシミュレーション収集

民泊代行の比較を行った結果、数社までは候補を絞れると思いますが、多くの民泊ホストが最終的な決め手とするのは「問い合わせをした結果得られる民泊収益シミュレーション」です。

ほとんどの代行業者では、物件の立地や間取りなどの情報をもとに無料で収益シミュレーションを作成してくれます。

1社のみからシミュレーションを取るのではなく、複数社から収集しましょう。

選び方のコツとしては、

  1. 平均稼働率が低すぎないか
  2. 平均稼働率や宿泊料金設定が高すぎないか
  3. シミュレーションの算出根拠が具体的かつ信用できるか

上記3点です。

  • 稼働率が低すぎるということは、実績が浅く、稼働率をあげるテクニックが備わっていない。
  • 反対に稼働率や料金設定が高すぎるのは見てくれを良く見せようとする悪徳商法です。
  • しっかりとした業者にはシミュレーションを算出する根拠があります。具体的な算出根拠の説明がない業者は信用しないほうが吉です。

以上、最善の代行業者選びに失敗しないためにこの記事をお役立てください。

新型コロナ対策のご相談は
▼BCMへ▼
新型コロナ対策のご相談は BCM株式会社へ
私たちBCMでは、外国人旅行客の急減によって大きな打撃を受けた民泊ホストの方々から

「撤退するんじゃなくて今をなんとか持ちこたえたい」

こんな声を多数いただきました。

これを受けて、海外ではなく国内民泊利用者の集客に目を向けた「無料のホスト応援プラン」の提供を開始します。

無料応援プランについて
詳細記事を読む

コロナを乗り越える
民泊代行のご相談は
LINEから

※PCで閲覧中の方へ
上記友達登録ボタンをクリック後に表示されるQRコードをお手持ちのスマートフォンでスキャンしてアクセスしてください。

LINEアプリを開く
⇒画面左下「ホーム」タブを開く。
⇒画面右上「友だち追加ボタン」をタップ。
「QRコード」をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。