民泊代行のBCM、コロナ対策の無料応援プランを開始
民泊代行

民泊代行を活用して運営の負担をゼロに、収益を倍に

今回の新型コロナウィルスの蔓延によって多くの民泊ホストが売上の減少に直面しています。

この点からも分かるように民泊の運営は一筋縄でいくものではありません。

そこで活用したいのが民泊代行です。

民泊運営のプロに集客やゲスト対応などを一任することで、リスクを抑えて民泊収入を得ることができます。

また、「ホスト不在型での民泊運営や5物件以上での民泊運営の場合、代行業者に物件の管理を委託することが法律で義務付けられている」という理由で代行を利用している人も多いです。

民泊代行業者を選ぶということは民泊を運営する多くの人にとって他人事ではないのです。

この記事では、そんな民泊代行とは「どんなサービスなのか」について下記3点を具体的に解説していきます。

民泊代行のメリットは民泊収入を自動化できること

民泊代行を使うことで民泊による収入が自動的に得られる仕組みを作ることが可能です。

具体的には、民泊代行で自動化できる業務は大きく分けて下記の通り。

  • 家具の準備
  • 民泊の届出
  • 民泊仲介サイトへの登録
  • 物件の掲載
  • 掲載情報の最適化
  • ゲストの集客
  • 価格設定の最適化
  • ゲストとの多言語メッセージ対応
  • 24時間365日の多言語トラブル対応
  • 清掃
  • ゲストへのレビュー投稿

要するに、民泊で収入を得るまでに必要な業務はすべて委託できるということです。

民泊の運営は代行業者にお任せして、あなたは売上レポートを受け取るだけという仕組みを作ることが可能です。

もちろん清掃代行やゲストとのメッセージ代行など部分的に代行サービスを利用することも出来ます。(※ホスト不在型の場合は「完全代行」もしくは「運営代行」への委託が必須。)

東京オリンピックの開催に伴って急増する外国人観光客に目をつけて民泊を始めるなら、多言語対応の代行サービスで民泊の負担を減らすとともに、プロの集客テクニックで収益最大化を目指しましょう。

民泊代行の費用は、売上の20%が平均

肝心な代行サービスの費用は多くの場合、民泊での月間売上のうち「20%」です。

【例】

1泊料金1.5万円
宿泊数20泊
売上30万円
代行費用6万円

しかし売上の20%が取られる場合、売上が増えるほど代行費用が増えるため、「利益」を増やすことが難しいというのが実情です。

民泊バブルのオリンピック期間なら高売上の分なおさら代行費用が高くなっていきますよね。

100万円の売上なら20万円を代行費用として持っていかれる計算になります。

一方、代行サービスの中にはホテロボを運営しているBCM株式会社のように月額固定制で完全運営代行を提供している業者も存在します。

民泊収益を最大化したいならば月額固定制の代行業者を使うことをおすすめします。

各代行業者の費用形態については下記の記事を参考にしてください。

民泊の運営代行を選ぶ4つの重要点&実際に比較してみた!
【民泊代行比較】プロが選ぶ最新代行業者ランキング5選プロの目線から民泊代行5社を比較して、最新おすすめランキングを解説します。代行会社選びは民泊収益を決定する大事な局面です。...
東京の民泊代行8社一覧と利益を最大化するための選び方
東京の民泊代行8社の特徴と代行でも利益を最大化する方法東京の民泊代行サービス全8社を調査して各サービスの内容を一覧にまとめました。また、民泊収益を最大化するための代行の選び方について解説しています。...

民泊代行の上手な選び方

民泊代行業者選びで失敗しないためには、しっかりと比較すべきポイントを知っておきましょう。

民泊代行業者全22社まとめと絶対に失敗しない選び方
民泊代行業者全22社まとめと絶対に失敗しない選び方民泊代行業者全22社についての調査結果を代行範囲別にまとめました。絶対に失敗しないために知っておくべき代行サービスの選び方と合わせて解説しています。...

比較ポイントを知ったうえで2,3の代行業者に絞って実際に話を聞いてみることをおすすめします。

ウェブ上に書かれている情報と事実にずれはないか?相手の対応はどうか。信頼出来そうか。

など、実際にあなたの目や耳で確かめてから決定すると失敗のリスクが減らせるでしょう。

より詳しい情報が欲しいという方は下記の「民泊代行」に関する記事一覧を読んでみてください。