民泊代行のBCM、コロナ対策の無料応援プランを開始

特区民泊

国家戦略特区内でのみ認可される 旅館業法 の特例のことを「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業」、通称「特区民泊」といいます。

特区民泊の認可が下りる特区は以下の通りです。

  • 大阪府大阪市
  • 東京都大田区
  • 千葉県千葉市
  • 新潟県新潟市
  • 福岡北九州市

中でも大阪市が特区民泊のメッカとなっており、全体のおよそ9割が集中しています。

民泊新法 は180日の営業可能日数の制限がありますが、特区民泊には制限はありません。

しかし、代わりに宿泊可能になる日数が2泊3日以上と、1泊2日のような短期利用のお客さんを引き込めないのがデメリットです。

特区民泊についての詳細は下記のリンクに載っていますので、よろしければご参照ください。

https://hotelobo.jp/blog/2019/05/02/abouttokku/

新型コロナ対策のご相談は
▼BCMへ▼
新型コロナ対策のご相談は BCM株式会社へ
私たちBCMでは、外国人旅行客の急減によって大きな打撃を受けた民泊ホストの方々から

「撤退するんじゃなくて今をなんとか持ちこたえたい」

こんな声を多数いただきました。

これを受けて、海外ではなく国内民泊利用者の集客に目を向けた「無料のホスト応援プラン」の提供を開始します。

無料応援プランについて
詳細記事を読む

コロナを乗り越える
民泊代行のご相談は
LINEから

※PCで閲覧中の方へ
上記友達登録ボタンをクリック後に表示されるQRコードをお手持ちのスマートフォンでスキャンしてアクセスしてください。

LINEアプリを開く
⇒画面左下「ホーム」タブを開く。
⇒画面右上「友だち追加ボタン」をタップ。
「QRコード」をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。