自在客

自在客はゲスト獲得数を確実に伸ばす。掲載登録しないと損します。

民泊を経営するにあたり、集客のためのサイト掲載は必要不可欠です。

今回は数ある民泊掲載サイト、通称OTAのなかから今回は中国を発祥のサイトである「自在客」をご紹介致します。

なぜ今回自在客を紹介するのか、といいますと

近年激増しているアジア系の観光客、とくに中国人観光客を多く集客するのに「自在客」は非常に向いていると言えるからです。

ここ数年、東京や大阪はもちろん、様々な観光地で中国人をよく見かけるな、と感じてる方は多いのではないのでしょう?

私も街を歩いていると毎日のように見かけますし、この記事を読んでいる皆さんもおそらくしばしば見かけていると思います。

それもそのはず、実際に訪日外国人数は中国が現在トップになっています。

出典:観光庁

 

訪日外国人数の26パーセントとなると相当な数になりますね。

加えてさらに、訪日中国人の民泊利用者数は国別でトップであることを皆さんはご存だったでしょうか?

その民泊トップの利用人数を誇る中国人の集客に向いているのが自在客なので、インバウンド需要を獲得して今よりも民泊の集客力を上げたい方には自在客登録すべきものといえます。

ここで

え、なぜ中国人の集客に自在客が向いているんだ?

そもそも本当に中国人はそんなに民泊を利用するんだろうか?

と疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思われます。

そこで、本記事では中国人観光客と日本の民泊の関係について民泊ホストの皆さんにお伝えいたします。

これだけたくさんいる中国人観光客の中から一部をご自身の民泊に引き入れることができたら、民泊の集客力が上がること間違いなしです。

自在客を活用して民泊の集客力を上げるためにも是非ご覧ください!

そもそも自在客とは?

まずは自在客の簡単な説明を致します。

自在客とはAirbnbとならび世界最大級の民泊仲介サイトです。自在客という名前は、「旅行者に自由自在に楽しんでもらいたい」という意味でつけられています。

 

サイト名 自在客(Zizaike)
国名 中国
本社所在地 上海
サイトURL http://www.zizaike.com/
設立 2011年
リスティング数(全世界) 約50,000(2016/3/23 調査時点)
リスティング数(日本) 5,420件(2017年6月 調査時点)
ホスト手数料率 10%
ゲスト手数料率 なし

 

 

自在客は中国発祥の民泊サイトだけあってアジア人ゲストの利用者が多く、ここ数年でアジアからの観光客が増えている日本の民泊を運営する上で使わない手はありません。

中国のサイトではありますが、英語、日本語など複数の言語に対応しているため特に不自由なくサイト登録や掲載をすることができます。

ちなみにアジア人のゲスト向けの民泊セッティング(中国語や韓国語、タイ語のハウスマニュアルなど)に不安をお持ちの方は代行業者に依頼することで簡単に不安を解決できます。

詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみて下さい。

民泊代行会社は必要?業者選びで失敗しない7つのポイント民泊の運営で重要なのが代行業者の選び方。8割稼働と耳あたりのいい数字に騙されているホストも少なくありません。そのような業者に騙されずに民泊運営をしていく上で、選定基準と良心的な代行業者の見つけ方まで業界のホンネも合わせて公開します!...

次に中国人観光客の民泊利用数についてお話致します。

外国人の民泊利用人数は中国人が最多

実は、外国人観光客の中で民泊宿泊人数が最多なのは中国人です。

以下の表をご覧ください。

出典:観光庁

こちらは令和元年6-7月の外国人観光客による民泊宿泊動態を観光庁が発表したものになっています。

このように、中国からの観光客が民泊利用の約25%を占めています。

民泊を利用する外国人の25%が中国人となると、中国人に向けた民泊サービスを展開することでインバウンド需要を大きく獲得できるのは想像に難くありません。

民泊の集客力を増やしたい方は、中国人というインバウンド需要を獲得することで宿泊客数を伸ばすことができます。

インバウンド需要とは?過去から未来への流れと民泊への影響を説明します日本が観光立国を宣言してからよく聞くようになったことば「インバウンド需要」宿泊業や接客業をやっていると耳にすることも多いかと思いますが、果たして一体どういう意味なのか、ご存知でしょうか??簡潔に言ってしまうと、訪日外国人による国内への需要のことです。...

それではなぜ中国人観光客を獲得するのなら自在客を利用するといいのでしょうか?

次の項目で説明致します。

自在客の特徴:中国人観光客の目に留まりやすい。

外国人観光客のなかで民泊利用者数は中国人が最多であることをお分かりいただけたかと思います。

その中国人観光客を獲得するのに、自在客は非常に向いているのですが、それはなぜなのでしょうか?

その理由は、中国の検索エンジンの違いにあります。

中国では、日本やアメリカと違ってGoogleやYahooなどの我々が親しみやすいものではなく、中国独自の検索エンジン「百度」を使うことになっています。

耳にしたことがあるかもしれませんが、中国では政府からGoogleやYahooなど他国が開発した検索エンジンを使うことが禁じられています。

そして中国の検索エンジン「百度」では中国の企業のサイトが表示されやすいように改良されています。

この2つの事実から、「百度」において民泊を検索したときに、中国発祥の民泊サイトである「自在客」が表示されやすくなっているのです。

あまりなじみのないと感じる方も多い「自在客」は、中国人の方にとってはAirbnbくらいの知名度のある民泊サイトであるそうです。

民泊代行業者の中には中国人観光客獲得のために自在客に追加登録する代行業者もかなり多くなっています。

自在客に掲載することは、中国人ゲストの数を増やすのに直結するわけなのです。

もちろん、AirbnbやBooking.comは知名度の非常に大きなサイトですので、そちらへの掲載がまだの方はそちらもご利用下さい。

 

自在客登録はBooking.com登録も兼ねる⁉

こちらはBooking.comにまだ登録していない方にとってのメリットになるのですが、自在客は世界最大級のホテル民泊掲載サイトであるBooking.comと連携しているのです

特にAirbnbとBooking.comは世界のゲストの7-8割が利用しているほどの規模です。

「え、Booking.comって何?」という方はまずこの記事を読んでみて下さい。

“世界最大”を使おう!ブッキングドットコムの評判と利点・欠点とは?ブッキングドットコムは民泊サイトの代名詞であるAirbnbと肩を並べるほど宿泊予約が入っているサイトです。元々はホテルを中心に掲載していましたが、最近では民泊も掲載することが可能になりました。この記事ではブッキングドットコムがどのようなサイトか、また民泊に参入したことでどのようなメリットとトラブルが生じているかをお話しています。...

ところで「連携してるっていったい何がいいのだろうか」と考える方もいらっしゃると思います。

連携するとなにがいいのか、というと自在客に掲載した民泊は自動的にBooking.comにも掲載されます。

料金や宿泊管理などが自動で連携するので、自在客で管理するとBooking.comも自動更新されるため、手間1つで2つの民泊掲載サイトを動かせる、というのがメリットになります。

もしさらに複数のサイトを一括で管理したい、と考える方がいらっしゃいましたらこちらのサイトコントローラーの記事も参考にしてみて下さい。

導入必須、民泊経営を円滑にするサイトコントローラーとは?民泊の集客のために、サイトコントローラーは非常に有用です。そもそもサイトコントローラーとはなんなのか。また、サイトコントローラーの機能とは一体何か、といった疑問にお答えしならが、様々なサイトコントローラーを比較した結果おススメのものをお伝えいたします。...

総括:ここが自在客のポイント!!

自在客は中国人ゲストの集客使える!
  • 日本で最も民泊利用者数の多い国は中国
  • その中国人の集客に自在客は非常に効果的
  • 連動により1手間で自在客とBooking.com両方の管理が可能

現在日本では中国人の民泊利用者数が最多で、さらに自在客への登録は、その中国人ゲストを獲得に確実につながるのでした。

来年度には東京オリンピックも開催され、一層中国人の来日数も増えます。

必然的に民泊の需要も上がりますので、チャンスを勝ち取るためにも今のうちに自在客に登録し、下準備をしておきましょう。